05/29/15

宮津 四季膳花ので 丹後とり貝料理はいかがですか

京のブランド産品・丹後とり貝を、4月20日から入荷しています。

宮津の食事処・四季膳花のでは、丹後とり貝や岩がきを使った料理を、お出ししています。

肉厚で大きく甘味が強い、京のブランド産品・丹後とり貝。

丹後とり貝は、京都府海洋センター独自の技術で、舞鶴湾や宮津湾などの

海に浮かべた筏で、稚貝からじっくりと育てられます。

岩がきは、アミノ酸やミネラル、グリコーゲンなど、

さまざまな栄養素を多く含んだ、海のミルク。大粒で濃厚な味わいです。

旬の味覚、丹後とり貝と岩がきのコースはこちら。

丹後とり貝・岩がき御膳:¥5,184円

丹後とり貝・岩がき会席:7,560円, 12,960円

寿司セットや天婦羅セットなどの昼膳と一緒に、丹後とり貝や岩がきを、単品で承ることも可能です。

現在、サツキの花が、お客様をお迎えしています。

庭園を眺めるテーブル席、もしくは堀コタツ式の小上り席で、

丹後の旬の味覚を、ゆったりと堪能するひとときを、どうぞお過ごし下さいますように。

皆様のお越しをお待ちいたしております。

 

食事処・四季膳花の(茶六別館内)≫

○イス・テーブル席 28席  小上り席14席

○昼席:11:30~14:00(ラストオーダー13:30、6,480円以上のお料理の場合は12:30)

○夕席:17:30~21:00(ラストオーダー19:30) ※夕席は予約制

○京都府宮津市島崎2039-4  ○電話:0772-22-0206