05/31/13

「丹後とり貝」のテレビ放映について(お知らせ)

次のとおりテレビ放映が行われますのでお知らせします。

■朝日放送「おはよう朝日~土曜日です~」

放送日:平成25年6月1日(土)

番組放送時間:午前6時30分~午前8時

※午前7時40分前後より放送予定。

内 容:週末の過ごし方を紹介する『土日どーする?』のコーナー

「とり貝の季節の丹後巡り」というテーマで、丹後とり貝の生産風景と「料亭ふみや」のとり貝料理とを紹介。

※その他、シーカヤック体験や飯尾醸造の見学なども紹介予定です。

05/29/13

2013/05/29丹後とり貝の出荷

本日のJF京都漁連(宮津)にお邪魔しました。朝8時半過ぎの写真です。

今日、宮津市内に出荷される丹後とり貝がこちらの専用の水槽に届けられていました。

 丹後の海で大切に育成された「丹後とり貝」は、仲買人さんからの注文によって毎日生産者さんから漁港に届けられる仕組みになっています。セリで売り買いされる一般的な水産物と違うところです。

漁連の方にお願いして特別に撮影させていただきました。

厚み、大きさ、重さ、ボリューム満点です。これで中サイズということです。

この丹後とり貝たちが、どんな料理になって宮津のお店に並ぶのでしょう。お刺し身?にぎり寿司?あぶり焼き?考えただけでワクワクします。

 

 せっかくですので9時半からのセリも見学して帰ることに・・・。

セリの担当の方にお話を伺うと、今日の漁模様は、風が強くて魚は少ないとのこと。

それでも、「今日はヒラマサがたくさん揚がった。」とおっしゃっていました。

それから、先日毎日放送「ちちんぷいぷい」(5月15日放映)で生中継された「天橋立あさり」。

丹後とり貝の育成技術を活用して大型で肉厚、旨みたっぷりのあさりが今年から出荷スタートしました。

さらに、先週土曜日に読売テレビの「満点☆星空レストラン」で取り上げられた「金樽いわし」もしっかり水揚げされていました。

 一般的なマアジと比べて体が少し金色がかっており、丸々と肥って脂がのっているのが特長です。

その他、最近揚がるようになったのがクロダイとスズキ、あとトビウオだそうです。

勢いのよい声でセリが行われていました。

 

 

05/23/13

季節の花々でお出迎え 四季膳花の

爽やかな晴れ空が広がるこのごろ、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

宮津の食事処・四季膳花のです。

丹後とり貝&岩がきのシーズン到来です。

肉厚で大きく、甘味が強い丹後とり貝。

海のミルクとよばれる栄養豊富なカキ。岩がきは大粒で濃厚な味わいです。

旬の味覚、丹後とり貝と岩がきのコースはこちら。

丹後とり貝・岩がき御膳:4,725円

丹後とり貝・岩がき会席:8,400円, 10,500円

寿司セットや天婦羅セットなどの昼膳と一緒に、丹後とり貝や岩がきを、単品で承ることも可能です。

現在、オオムラサキツツジと石楠花が、お客様をお迎えしています。

ご宿泊のお客様は、ご夕食時(ご宿泊プランによります)やご朝食時に、

日帰りのお客様は、お昼に夜に、と。

サツキの花も、少しづつ咲きはじめています。

満開の時は、このような景色になります。

庭園を眺めるテーブル席、もしくは堀コタツ式の小上り席で、

丹後の旬の味覚を、ゆったりと堪能するひとときを、どうぞお過ごし下さいますように。

皆様のお越しをお待ちいたしております。

 

食事処・四季膳花の(茶六別館内)≫

○イス・テーブル席 28席  小上り席14席

○昼席:11:30~14:00(ラストオーダー13:30、6,300円以上のお料理の場合は12:30)

○夕席:17:30~21:00(ラストオーダー19:30) ※夕席は予約制

○京都府宮津市島崎2039-4  ○電話:0772-22-0206